恐怖の卒論

 つい先日まで卒論という恐怖の対象でしかないものに追われていました。日々起きたらずっとパソコンの前で本を広げてかたかたと……。途中意識が遠のき欠けたり、何やら騒ぎたくなる気分になりましたが何とか抑えて、書き上げました。あれは、学生に対する社会の挑戦なんだと自分は思っています。

 

 でも、周りの人達の中にはやっぱり要領がいい人ってのが居るみたいで、ずっと前に描き上げて提出日に悠々と来て帰ってった、って人がいます。羨ましい限りですよね、本当に。しかし、ほんとうに疲れました。その反動かはわかりませんが、最近妙に眠いしテンション高いし、なんだかんだで遊びまくってます。本当はまだまだ就活が終わっていないという、無職予備軍なので焦らないといけないというのに、です。はあ、世の中を生きていくって辛いことですね。けれど生きて行かねばならないことも世の常です。でも今はこの高揚感に浸っておきます! じゃないと、到底現実と向き合えません。

卒論に費やす期間

 大学生の一大イベント?である卒業論文ですが、平均的にどのぐらいの時間を費やすのかちょいと調べてみました。
 一番長いもので大体半年、一番短いもので2週間。あるいは信憑性は全く無いですが、1日2日って人もいました。もう一日二日は卒業論文といっていいものかどうかも怪しいですね……。私もつい先日までは追われていたんで、よくわかりますが、資料集めとか、書き方、教授からの添削なんかもあって、到底1日2日では書き上がるもんじゃあないと思っています。

 

でも半年は長すぎな気が……。それだけ厚い内容を書こうとしていたのならわかりますが、それでも大部分は蛇足になってきて、正直意味ないんじゃないかなあと。1〜2ヶ月の身分から言わせてもらってなんですけれどもね。それでもけっこう内容は頑張ったと思いますし、教授からも上々という判子ももらいました。さてさて、次は口頭試問がまっていますが、ちゃんといちゃもんを付けられずにしっかりと終えれるかな。

卒論のテーマ

 卒業論文。大学を卒業をするために必要な論文ですが、中にはとんでもないテーマを扱っている人とかもいて面白いです。また、本当にとんでもない、ありえないといういみでの卒業論文もあるみたいですね。
 一つに、非常にニッチな分野から取り出してきたもの。例えばほとんど参考文献なんかがなくて自分で導き出していかないといけない、ってタイプのものだったりします。中にはむしろ一から築き上げたって人いたりするんじゃないでしょうか。それから、いろんな物を組み合わせて書く人。全く関係の無さそうなテーマ同士なのに、なんの因果かこれが重なってるよーって書く人もいたりだとか。また、本当にとんでもない、ありえないという意味に於いてのテーマは、私の大学生活4年間だったり、読書感想文だったりと、これ卒業論文じゃないよね、と言わざるをえない様なものまで様々です。というか、大学生活中何をしてきたんだ、何を学んできたんだ、って非常に突っ込みたいです。

チャットレディーはアダルトか?

 

高収入が期待されるといわれているチャットレディーとして一番知りたいのがアダルトな側面だと思います。

 

世の女性の中にはチャットレディーそのものがアダルトな仕事だと考えて言う人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、チャットレディーにはアダルトな内容を持ったものも存在していますが、そればかりではありません。
普通のチャットを行うだけのバイトも当然ながらあります。

 

違いとしてはアダルトの場合は話す内容やそのほかのサービスにもアダルトな側面があります。

 

逆に通常のチャットでは会話を楽しむことが主な目的となっていてアダルト目的の利用が禁止となっていることもあります。
そのため、通常のチャットからアダルトを拒否している相手に対してのアダルトな要求を拒むことになることも多いといわれています。

 

利用者の中には場をわきまえずにアダルトな話を持ち出す方もいるようで、そのような話を振られる可能性は確かにあるようです。

 

収入に関しては当然アダルトのほうが有利であるということは言うまでもないでしょう。

 

通常のチャットでも確かに集めることは出来るようですがアダルトはやはり男性からの人気も高いということがいえるのです。

街コンの必勝法

 

男女100対100など、通常の合コンより、多くの異性と出会える可能性が高い街コン。
美味しいグルメのお店での開催や、おしゃれなカフェでの開催も多く、ひとつのイベントとして、全国的に人気を集めていますよね。

 

そんな街コンの必勝法をまとめてみましたよ!
街コンに参加する予定のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

街コンは、大勢の異性と出会える素敵なイベントです。
しかし、人数が多いからこそ、好みの異性にあったら、迷うことなくアタックするのが大切です。

 

限られた時間の中で、会話だけして、連絡先を聞き忘れてしまった。
なんて事にならないように、しっかり連絡先を聞いておきましょうね!
そうする事で、街コンの後日にも、会える可能性が格段にアップします。
相手も出会いを求めてきている可能性が高いので、連絡先を聞かれるのは、嫌ではないはずですよ。

 

次に、多くの街コンの場合、複数のお店が参加しており、開催時間内に移動する事が可能です。
そのお店を移動する時がポイント。
女性はお店を移動する事が多く、男性はお店を動かない方が、出会いの確率がアップする傾向にあるようです。

 

この2つの必勝法、参考にして楽しい街コンにして下さいね!

犬のしつけはこれ

 

皆さんは犬しつけと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

 

お座りやお手は基本的なものが上がってくるかもしれません。

 

犬を飼っている人の中には、しつけを意識して行わない人もいたりします。

 

逆にブリーダーのように徹底的に犬のしつけを行う人もいるなど、犬にかける情熱というのはかなりの開きがあることがうかがえます。
では犬のしつけで大切な事項とはどんなものでしょうか。

 

一般的には、犬と人間との関係をしつけるものが多いです。

 

そしてその中の、散歩におけるしつけというのがかなり重要な意味を持ってくるのです。
散歩は犬にとっても家から出る外の世界であり、危険なものや注意しなければならないことがたくさんあります。

 

例えば、道に落ちているものを無暗に口に入れてしまったりといったことは多くの飼い主が経験していることと思います。

 

そのため、不自然に口に入れたりしないか飼い主がしっかりチェックして、しかるときは叱る必要があるのです。
ウンチを誤って食べてしまうということもありますから、安全の確保をしつけで十分に行いましょう。

スカイラインが思っていた値段よりも高く売れました

私は、長年リース会社から車をリースで乗っていました。リース期間が4年のため、4年ごとに車を売っては新しい車に乗り換えていました。リースにしてから5台目にあたるスカイラインがリース期間の終了のために売ることになりました。車は市場性があるので、丁寧に乗っていると車の値段は良くなることはこれまでの経験上でわかっていました。

 

車の売る時の手順として、売る月の3ヶ月前から交渉を始めました。交渉するにあたっては、買い取ってもらう店を最低でも3店ぐらいはまわることをお勧めします。それも、買取専門店、中古車販売店、ディーラー店です。最近では、ネットで買取査定等をしてもらえるようですが、査定額はかなり低いと思います。ディーラー店は、次の車を購入する場合は査定額は高くなる場合もありますが、売って現金化する場合であれば中古車販売店同様に買い叩かれる場合があります。私がお勧めするのは買取専門店です。それも大手ではなく、地元でそれなりの規模でやっている所がお勧めです。中古車専門店は、販売すること考えるので、こちらの売値と買値とでは相当の差がありました。このスカイラインの場合でも100万の提示に対して、買値の回答は70万でした。正直、話になりませんでした。

 

買取専門店の場合は、車をオークションに出品したり、先に売り先を探すようで1回目の回答でこちらの売値に近い95万の提示がありました。それで、1ヶ月ぐらい粘り強く交渉した結果、120万で買い取ってくれました。

 

私のようにリースで4年で定期的に車を乗り換える場合は、走行距離を3万キロ以内に抑え、事故のないこともちろんのこと、車体の色も白か黒、毎日運転しても丁寧に乗っていれば転売しやすいようです。4年乗って120万で買い取ってもらったことに満足しています。

 

オークションサイトはいくつか日本にあって、有名なところも含めれば多くの人が一度は使ったことのあるところでしょう。もし売る側になったことはなくても参加する側になっているということもあるでしょう。そして車売りたいと言ったときにオークションでそれが実現できるということです。車を売るとなると、どうしても車を買い取ってくれる業者を思い浮かべると思いますが、オークションはそうした業者を間に仲介しない典型的な販売方法の一つと言われるのです。

 

車売りたいからオークションを利用する人の多くは、より高く売りたいと思って参加する人がほとんどです。そんなオークションに売りに出したからって高くなるものなのかと思ってしまうかもしれませんが、思った以上にそれを欲している人がいる車種や型であれば十分に見込みがあると言われています。

 

ただし、オークションの不利な点としては、トラブルが生じたりする可能性があるということです。また、買い取りの業者に任せずに売ってしまうために必要以上に書類手続きを自分で行わなければいけないことや受取引き渡しにも費用がかかる可能性があるということでしょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る